毎日の保湿が肌をキレイにする【手入れを欠かさず肌美人を目指す】

female

肌に優しい化粧品

バリア機能の低下

female

アトピー性皮膚炎の人の肌は、肌のバリア機能が著しく低下しているため、刺激を受けやすいです。少々の刺激でも肌にとってはダメージとなり、痛みやかゆみが生じたりします。たとえば暑い日には分泌された皮脂が、寒い日には空気の乾燥が、それぞれ刺激となって、肌はダメージを受けてしまうのです。これらは肌を保湿することで防がれやすくなりますが、しかしアトピー性皮膚炎の人にとっては、保湿のための化粧品も、刺激となってしまうことが多いです。しかし昨今では、アトピー性皮膚炎の人でも手軽に保湿ケアができる、低刺激の化粧品も販売されるようになっています。肌に悪影響を与えないような工夫が凝らされているため、安心して使用できることから人気があります。

セラミドを配合

肌のバリア機能は、セラミドによって高められています。セラミドとは細胞間脂質のことで、肌細胞と肌細胞の間に存在しています。これが少ないと、肌の内部から水分がどんどん抜けていくので、肌が乾燥しやすくなります。また、外部から雑菌なども入りやすくなり、肌は炎症を起こしやすくなるのです。そのため皮膚科では、アトピー性皮膚炎の患者に、セラミドが配合されている保湿剤を処方することが多いです。セラミドは体内に存在している成分ですが、植物からも抽出することが可能となっています。したがってアトピー性皮膚炎の人のために開発された化粧品にも、多くの場合セラミドが配合されています。また、そういった化粧品の多くは、無添加で作られています。肌にとって刺激となる可能性がある成分が使われていないので、その点でも安全性が高いと言えます。

Copyright©2015 毎日の保湿が肌をキレイにする【手入れを欠かさず肌美人を目指す】 All Rights Reserved.